“素盲”の読み方と例文
読み方割合
すめくら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何か弱味を握っている忠太郎をバラして、水熊に恩を着せ、それをキッカケにる寸法と見てとった。色と慾と一度に手入れとは成程、ばくち言葉でいう尻目同素盲とはよくつけた渾名だ。
瞼の母 (新字新仮名) / 長谷川伸(著)
(と云いかけて素盲の金五郎を見かけ、厭な顔で頭を下げる)
瞼の母 (新字新仮名) / 長谷川伸(著)
水熊のおはま 素盲の金五郎 煮方子之吉
瞼の母 (新字新仮名) / 長谷川伸(著)