“紐附”の読み方と例文
読み方割合
ひもつき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
上の方には紫の紐附玉露の小が並べてあるが、それと中段の煎茶の上等が入れてある中壺は滅多に客の為めが開けられることはなく、売れるのは下段の大壺の番茶が主だつた。
蔦の門 (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)