納舎なや)” の例文
一寸法師にすれば何か又悪だくみでもあったのでしょう。この家の裏手の納舎を急ごしらえの隠れ家にして、三度の食事もそこへ運ばせることにしていました。
一寸法師 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)