“紋着振袖”の読み方と例文
読み方割合
もんつきふりそで100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これは熨斗目紋着振袖という、田舎にしい異形扮装だったから、不思議な若殿、迂濶に物も言えないと考えたか、真昼間、狐が化けた? とでも思ったでしょう。
薬草取 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)