“紅鉢”の読み方と例文
読み方割合
べにばち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もとより轆轤も用い型物も作ります。中で昔から近所近在に行き渡って使われている雑器は紅鉢といわれる大きな深めの鉢であります。また「石皿」と呼ばれる径一尺前後の浅い大皿であります。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)