“約束迄”の読み方と例文
読み方割合
やくそくまで100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
はせんと京都へ堂上方宮仕させしに同家の女中お竹と云ふに密通なし末々約束迄して居たりしを朋友の中にも其女に心を色々と云寄しが早晩大森右膳と深き中になり居ると云ふ事を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)