“紀秋茂”の読み方と例文
読み方割合
きのあきしげ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「そうだ。いつかの年、大勢して、純友や、紀秋茂や、津時成などが、伊予に帰るのを、江口の遊里まで、送って行ったことがある。和主も一しょによ」
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「私は、南海の海賊といわれる藤原純友です。それにおるのは、小野氏彦紀秋茂、津時成などで……どれも隔意のない友人ばかり。暢気者の集い。気がねな者はひとりもいません。君も気楽にってください」
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)