“糊板”の読み方と例文
読み方割合
のりいた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
木村は高い山の一番上の書類を広げて、読んで見ては、小さい紙切れに糊板の上の糊を附けて張って、それに何やら書き入れている。紙切れは幾枚かを紙撚いで、机の横側に掛けてあるのである。
あそび (新字新仮名) / 森鴎外(著)