“粘弄”の読み方と例文
読み方割合
ねんろう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この子供の唇にばれる短い文句を、わたくしはたゞ嫌味のない言葉としてなおざりにT——町の路傍の子供の口から拾い上げ、明け暮れ胸の中でチュウインガムのように粘弄していたのでしたが
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)