“粗懶”の読み方と例文
読み方割合
なげやり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
収穫に関係の深い土質の比較、さては上州地方の平野に住む農夫に比べて斯の山の上の人々の粗懶な習慣なぞを——流石に三人の話は、生活といふことを離れなかつたが、同じ田舎を心に描いても
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)