“粒化”の読み方と例文
読み方割合
りゅうか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
綾羅錦繍触るるもの皆色を変ず。粒化して魚目に擬し、陶壺中鉛封す。酒中神効あり。一の用、半日を出でず。
暗黒公使 (新字新仮名) / 夢野久作(著)