“粋立”の読み方と例文
読み方割合
すいだて100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
潔白の心中をる事出来ぬめがざる粋立馬鹿々々し、一生に一つ珠運が作意の新仏体を刻まんとする程の願望ある身の、何として今から妻などべき
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)