“粋客”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
すいきゃく66.7%
あそびにん33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“粋客”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
かくして乗りつけたところは、粋客すいきゃく嫖客ひょうきゃくの行きも帰りも悩みの多い、吉原大門前です。
好奇の粋客すいきゃくもしわが『矢筈草』の後篇を知らんことを望み玉はば喜楽きらくなり香雪軒こうせつけん可なり緑屋みどりやまたあしからざるべし随処の旗亭きていに八重をへいして親しく問ひ玉へかし。
矢はずぐさ (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
「ふむ、覚えてはゐないか。お前はその酔漢を見たとき、どう思つたか、粋客あそびにんだとは思つたらうね。」
マルクスの審判 (新字旧仮名) / 横光利一(著)