“籾磨歌”の読み方と例文
読み方割合
もみすりうた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
天幕の破れ目から見ゆる砂漠の空の星、駱駝の鈴の音がする。背戸田圃のぬかるみに映る星、籾磨歌が聞える。甲板に立って帆柱のに仰ぐ星、船室で誰やらがびをする。
(新字新仮名) / 寺田寅彦(著)