“籾山”の読み方と例文
読み方割合
もみやま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
明治四十四年三月籾山書店は『すみだ川』のにその頃わたくしが『三田文学』に掲げた数篇の短篇小説戯曲を集め一巻となして刊行した。
すみだ川 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
それから籾山半三郎君が出資者となって赤坂の演技座に大劇場としての仮普請をして、沢正の為に根城をえてやったり、非常の景気であって、一代も彼を拍手喝采することで持ち切りであったが
生前身後の事 (新字新仮名) / 中里介山(著)
かくて『ふらんす物語』損害賠償の談判は八年に渡りて落着せず大正五年籾山書店『荷風傑作鈔』なるものを出版し該書の一部を採録するに至り重ねて懸合面倒とはなりけり。
書かでもの記 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)