“節糸”の読み方と例文
読み方割合
ふしいと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
茶の勝った節糸は存外地味な代りに、長く明けたから紅絹の裏が婀娜な色を一筋なまめかす。帯に代赭古代模様が見える。織物の名は分らぬ。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)