“節板”の読み方と例文
読み方割合
ふしいた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
打込んだ門の柱には□□とした表札まだそのままに新しく節板の合せ目に胡麻竹打ち並べた潜門の戸は妾宅の常とていつものように外から内の見えぬようにぴったり閉められてあった。
雨瀟瀟 (新字新仮名) / 永井荷風(著)