“箪笥屋”の読み方と例文
読み方割合
たんすや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
次は鰹節屋、小間物屋、箪笥屋、諸道具屋、肴屋、酒屋、いやしくも嫁入りの御用を勤めそうな店は、自分か子分か一と通り廻ってみましたが、どこにも怪しい節などはなく
けれども私の心の底には、「安い頭も高い頭もないじゃないか。」とぶつぶつ呟いているものがあった。その人は箪笥屋の職人であったが、まもなく独立して、やはり私の区域内に新所帯を持った。
安い頭 (新字新仮名) / 小山清(著)
次は鰹節屋、小間物屋、箪笥屋、諸道具屋、肴屋、酒屋、いやしくも嫁入りの御用を勤めそうな店は、自分か子分か一と通り廻ってみましたが、どこにも怪しい節などはなく