“箕輪心中”の読み方と例文
読み方割合
みのわしんじゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今もなお箕輪心中と世に歌われる藤枝外記、また歌比丘尼相対死の浮名を流した某家ののように、せめて刹那しい夢に身をしてしまった方がと
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)