“箕輪益夫”の読み方と例文
読み方割合
みのわますを100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
先日の茶話で神戸の山下亀三郎氏が勝田蔵相にうつかり「犬馬の労を取つて欲しい」と言つたといふ事を書いた。すると、山下氏の事業にはつてゐる箕輪益夫氏から、態々正誤書が来た。