“筋縄”の読み方と例文
読み方割合
すじなわ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お十夜とて、一筋縄でいくしれ者ではない。かれがお綱の口から法月弦之丞という名を洩らされていなかったら、おそらく、周馬の舌もることがむずかしかった。
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)