“符牃”の読み方と例文
読み方割合
ふちょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いきいきした友だちの顔色には中学校時代の面影がまだ残っていて、硝子窓の下や運動場や湯呑場などで話し合った符牃や言葉がたえず出る。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)