“端周軒”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はしゅうけん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“端周軒”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「小林端周軒はしゅうけんなり。ほかに、何らいうことはない。ただ、信長に近づかぬ間に、汝ごとき小侍の手にかかったが残念だ」
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
——越前の援軍は、総勢一万余騎、朝倉孫三郎景健かげたけを主将として、魚住うおずみ左衛門、小林端周軒はしゅうけん、黒坂備中守などの錚々そうそうたる将僚をそろえ、その兵卒らは声を合わせて、
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)