“空貝”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うつせがい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“空貝”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
僧都 いやいや、うろこ一枚、一草ひとくさ空貝うつせがいとは申せ、僧都が承りました上は、活達なる若様、かような事はお気煩きむずかしゅうおいでなさりましょうなれども、おいのしょうがに、お耳に入れねばなりませぬ。
海神別荘 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)