“稲城:いなぎ” の例文
“稲城:いなぎ”を含む作品の著者(上位)作品数
岡本綺堂1
“稲城:いなぎ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それに興味を誘われて、さらに読みつづけてゆくと、「稲城いなぎ家の怪事」という標題の記事を又見付けた。
西瓜 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
彼は本所の御米蔵おこめぐらのそばに小屋敷を持っている稲城いなぎ八太郎の奉公人で、その名を伊平といい、上総かずさの八幡在から三月前に出て来た者であった。
西瓜 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)