“秋保温泉”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あきうおんせん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ところがその素晴しい喜田貞吉博士でさえが、安達の黒塚にはかぶとを脱いでいる——すなわち右の喜田貞吉博士は、どうした拍子か、安達の黒塚の所在地は、陸前の名取郡の今の秋保温泉あきうおんせんのあたりがそれだと明言してしまったものである。
大菩薩峠:37 恐山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)