“神取”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かんどり100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“神取”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
と、振向いてみると、それはこの城に二ヵ月ほど前から滞留して、家中の士に剣の法を教えていた神取かんどり新十郎とよぶ新当流しんとうりゅうの武芸者であった。
剣の四君子:02 柳生石舟斎 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
少年の頃、筒井家に人質ひとじちとしていたことがあります。その折、筒井家の客となっていた神取かんどり新十郎という剣者と知りあい、後、当城へ招いて、数年のあいだ新当流を学び、その奥旨おうしさずかりましたが——なぜか自身、どうしても、満足ができません。
剣の四君子:02 柳生石舟斎 (新字新仮名) / 吉川英治(著)