“神凡”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しんぼん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“神凡”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「安平の太守王基おうきがそんな噂を聞きましてね、その妻子に病人の多いのを卜わせ、その禍いを除いたこともあり、また館陶かんとうの令、諸葛原しょかつげんはわざわざ彼を招いて、衆臣とともに、彼の卜占ぼくせん神凡しんぼんを試したこともありました」
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)