“神余”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かなまり100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“神余”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話](児童)100.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ところが安房の方では神余かなまり畑中はたなかという部落に、川の流れから塩の井の湧くところがあって、今でもその由来を伝えています。
日本の伝説 (新字新仮名) / 柳田国男(著)