“県尉”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
けんい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“県尉”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「おうっ、あるじの史進か。このほうは県城の県尉けんいであるぞ。汝の手で、賊をからめて突き出せばよし、さもなければ」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
——まもなくかるる風葉ふうようのごとく、県尉けんいの馬や捕手の群れは逃げ散ッた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)