“盲乳”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
めくらぢち100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“盲乳”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
秋子の盲乳めくらぢちによりも一層安々と、護謨ゴムの乳首に吸いついて、咽せるほど吸っている子供の様子を、順造は涙ぐましい心地で眺めた。
幻の彼方 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
乳が出るようになっても、秋子のは盲乳めくらぢちだった。
幻の彼方 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)