“白魚橋”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しらおばし33.3%
しらうおばし33.3%
しらうをばし33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「で……お恥しいことでござりますが、道中おつつがのないようにと、毎晩、白魚橋の水天宮まで、そっとおりをいたしております」
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
本所柳原新辻橋京橋八丁堀白魚橋霊岸島霊岸橋あたりの眺望は堀割の水のあるいは分れあるいはする処、橋は橋に接し、流れは流れと相激
本所柳原新辻橋京橋八丁堀白魚橋霊岸島霊岸橋あたりの眺望は堀割の水の或は分れ或はする処、橋は橋に接し、流れは流れと相激し、ともすれば船は船に突当らうとしてゐる。
水 附渡船 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)