“白骨温泉”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しらほねおんせん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“白骨温泉”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
今ならばハッコツのおんから解いて、白骨しらほねの字をさぐるのはなんでもないことですけれども、その当時にあって、日本人の一人も、日本アルプスの名を知らないように、信濃しなの飛騨ひだの境なる白骨温泉しらほねおんせんの名は、誰の耳にも熟してはおりませんでした。
大菩薩峠:23 他生の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)