“白茶気:しらちゃけ” の例文
“白茶気:しらちゃけ”を含む作品の著者(上位)作品数
夢野久作2
“白茶気:しらちゃけ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
真黒い天井からブラ下がった十しょくの電球ははえふん白茶気しらちゃけていた。
鉄鎚 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
白茶気しらちゃけ羅紗ラシャの旅行服に、銀鼠色のフェルト帽を眉深まぶかく冠って、カンガルー皮の靴を音もなく運んで来た姿は、幽霊さながらの弱々しい感じである。
人間レコード (新字新仮名) / 夢野久作(著)