“白粉:しろこ” の例文
“白粉:しろこ”を含む作品の著者(上位)作品数
伊藤左千夫1
広津柳浪1
“白粉:しろこ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
おれの近くへ石臼いしうすを持出し話しながら、白粉しろこき始める、手軽気軽で、億劫な風など毛程も見せない
姪子 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
ぽうッとしかも白粉しろこを吹いたような耳朶みみたぶの愛らしさ。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
PR