“白磨:しろみが” の例文
“白磨:しろみが”を含む作品の著者(上位)作品数
久生十蘭1
野村胡堂1
“白磨:しろみが”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
平次は井戸端で手を洗って、手軽に着換えました。麻裏あさうらを穿いて、白磨しろみがきの十手をふところに落します。
……つもっても見ねえ、この通り羽目はひのき白磨しろみがきにして、天井は鶉目うずらもく、小座敷の床柱には如輪木じょりんもくをつかい、飯台は節無し無垢むくの欅ぞっき、板場はすべて銅葺あかぶきにして出てくる徳利が唐津焼からつやき。……造作だけを見まわしても、どう安くふんでも三百両。……多寡が上州の水呑百姓。