“しろみが”の漢字の書き方と例文
語句割合
白磨100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
……つもっても見ねえ、この通り羽目は白磨きにして、天井は鶉目、小座敷の床柱には如輪木をつかい、飯台は節無し無垢の欅ぞっき、板場はすべて銅葺にして出てくる徳利が唐津焼
麻裏を穿いて、白磨きの十手をろに落します。