“しろみがき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
白磨50.0%
白磨竹50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
白磨の千本格子がぴたりと閉って、寐静ったように音もしないで、ただ軒に掛けた滝の家の磨硝子ばかり、瓦斯の音が轟々と、物凄い音を立てた。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「何だね、羅宇屋さん、裏へお廻り。」と、婆やが水口の障子で怒鳴ると、白磨竹を突着けられた千鳥の前は、拷問の割竹で、胸をられた体にぐなりとした。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)