“生棲”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
せいせい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“生棲”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
高原地方や山麓の焼土に多く生棲せいせいしていて、特に夏の日中に飛翔ひしょうする小虫をとらえた着眼点にある。
郷愁の詩人 与謝蕪村 (新字新仮名) / 萩原朔太郎(著)