“生声”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うぶごえ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“生声”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
○五時二十五分、元気よい生声うぶごえ
明治四十年十一月の二十二日に、それまで二人が隠れ住んでいた福岡市外の松園まつぞのという処の皮革商かわや離座敷はなれで生れたのであったが、その生声うぶごえを聞くと間もなく、今まで隠忍自重していたMは、初めてT子に謎をかけてみた。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)