“狭庭”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さにわ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“狭庭”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
年じゅう陽があたらないので、岩清水のようなうそ寒いものが、いつもその狭庭さにわに立ち迷っていた。
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)