“狡黠”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こうかつ57.1%
ずる28.6%
わるごす14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その理由を問えば、曰く、「その情より狡黠にして、その状またすこぶる猖獗なり」
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
狡黠くって、不真面目で、大抵は虚偽を含んでいるのを知っているから、遂に熱誠な勢力を以てそれを遂行する気になれなかったのである。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
自分を信用させようと骨を折っている、男の狡黠い態度も蔑視まれたが、この男ばかりを信じているらしい、母親の水臭い心持も腹立しかった。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)