“狐光”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きつねびかり100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“狐光”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
目に見えてさわさわさわと、照り浮ぶ孟宗の、あな、一きは強き狐光きつねびかりのその月に、さながら生きて踊るかに、近明ちかあかりして、きほひ舞ふ、かと見ればまた、何か暗く薄かげりして、揺らぎ止み、らぎ騒立さやだつ。
観相の秋 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
目に見えてさわさわさわと、照り浮ぶ孟宗の、あな、一きは強き、狐光きつねびかりのその月に、さながら生きて踊るかに、近明ちかあかりしてきほひ舞ふ、かと見れば、また、何か暗く薄かげりして、らぎ止み、らぎ騒立さやだつ。