“牢船”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ろうぶね100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“牢船”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「これを、父のみかどへ、とどけて欲しい。……せめてと、この兼好にお託しあって、今朝早く、牢船ろうぶねの上から加古川ノ宿を、いくたびとなく振り返りつつ、四国へ送られて行かれましたゆえ」
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)