“牝驢馬”の読み方と例文
読み方割合
めろば100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「その所有物は羊七千、駱駝三千、牛五百牝驢馬五百、しくあり」というほどの富の程度であった。
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
そして前の災は四回に彼に臨んだ。その第一回にはシバ人のために牛と牝驢馬が奪われ、少者が殺された。第二回には「神の火天よりりて羊及び少者をきて滅ぼ」
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
牛と牝驢馬全部及び若干、羊全部と僕若干、駱駝全部と僕若干、子女全部、健康、妻と六回にってこれらを失ったのである、第四以下の艱難の如きはかなり手痛きものであり
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)