“焔炎”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
えんえん50.0%
ほむら50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この焔炎えんえんは、ここからは正面に見えたが、甲州全軍の備えから見れば後方にあった。甲軍のおどろきはいうまでもない。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
また瞋恚しんい焔炎ほむらに心を焼かれ勿体もったいないお上人さまをお恨み申そうとしかけていた。
取返し物語 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)