“源泉”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
みなもと100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“源泉”を含む作品のジャンル比率
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
燃火ともしびのごとき』(つまり教会のごときだ)大いなる星が『水の源泉みなもとに落ちて水は苦くなりぬ』だ。
何しろ大變な血ですが、その源泉みなもとは、押入の中で、逆樣になつたまゝ、右の首筋を深々と刺された、孫三郎の死體から噴出したものでせう。
銭形平次捕物控:311 鬼女 (旧字旧仮名) / 野村胡堂(著)