“温袍”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
どてら100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“温袍”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
絵にかける女を見ていたずらに心を動かすがごとしという遍昭へんじょうが歌の生れ変りひじを落書きの墨のあと淋漓りんりたる十露盤そろばんに突いて湯銭を貸本にかすり春水翁しゅんすいおうを地下にめいせしむるのてあいは二言目には女で食うといえど女で食うは禽語楼きんごろうのいわゆる実母散じつぼさん清婦湯せいふとう他は一度女に食われて後のことなり俊雄は冬吉の家へころげ込み白昼そこに大手を振ってひりりとする朝湯に起きるからすぐの味を占め紳士と言わるる父の名もあるべき者が三筋に宝結びの荒き竪縞たてしま温袍どてらまとい幅員わずか二万四千七百九十四方里の孤島に生れて論が合わぬの議が合わぬのと江戸の伯母御おばごを京で尋ねたでもあるまいものが
かくれんぼ (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)