“清女”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
せいじょ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“清女”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「なんの、おことがそう済まん顔をする理由わけはちっともない。しかし、世間眼せけんめというもので見ると——怒りなさるなよ……おことはもう男を知らぬ清女せいじょではない——清女でもない女を子等之館へ置くのは神地をけがすものだと——まアこういうのじゃな」
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)