“浩遠:こうえん” の例文
“浩遠:こうえん”を含む作品の著者(上位)作品数
佐藤垢石1
“浩遠:こうえん”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > スポーツ・体育 > 釣魚 遊猟1.5%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
やがて昇る朝陽あさひに、朱に染めた頭を集めて男体と女体が、この浩遠こうえんな眺めを覗きながら、自然の悠久を無言に語り合っている。
雪代山女魚 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)